【悲報】星のカービィ『グルメレース』の裏設定、さすがに怖すぎる・・・・・(スマブラ屋さん)

【悲報】星のカービィ『グルメレース』の裏設定、さすがに怖すぎる・・・・・(スマブラ屋さん)

あわせて読みたい

【悲報】星のカービィ『グルメレース』の裏設定、さすがに怖すぎる・・・・・


【悲報】星のカービィ『グルメレース』の裏設定、さすがに怖すぎる・・・・・

a08356b11d2d506b8b2880aa60be810c

今日のニュース🎉



【悲報】相席食堂で千鳥にボロクソ言われたいっこく堂、鬱になる

1: 20/04/20(月)03:41:45
カービィのグルメレースをご存知だろうか?
カービィとデデデ大王がレースをしながら食べた料理の個数を競うというゲームモードだ
しかしこの一見すると平和なゲームには恐ろしい噂がある
その噂はなんと二人の食べている料理は人間を加工して作られたものであるという噂だ
そもそもグルメレースとは競争をしつつ料理を多く食べられた選手の方が勝利するというルールの競技だが
いったいなぜ二人は走りながら料理を食べる必要があったのだろうか
それは二人が穀人を犯したのちに警察がやってくるのを恐れたからである
もし料理を完食する前に警察がやってきてしまうと2人が穀人を犯したことが警察にバレてしまい死刑となってしまう
しかしなんとか警察が来る前に急いで料理を食べ切ることができれば一切バレないのだ
その証拠にゲームの中では警察の描写がない(警察が来る前にゴールすることができたから)
そしてこの噂を裏付ける重要人物がいる
それこそデデデ大王の手下で料理人のコックカワサキである
彼はありとあらゆる物体を食事にする能力を持っている
記憶に新しいものはスマッシュブラザーズにアシストフィギュアとして参戦した際にファイターを鍋で煮込み料理(回復アイテム)にして放出していた
このことから分かる通りコックカワサキは穀人の証拠隠滅にうってつけの人物なのだ
しかしそうすると一つの疑問が浮上する
それは「いったいなぜ料理を作った張本人のコックカワサキがグルメレースのゲームモードに一切顔を出さないのか」だ
しかしここまでの話を思い返せばすぐにわかる
穀人を犯したカービィとデデデ大王は口止めのためにコックカワサキを穀害しカービィがコピーしたのだ
コックの能力は使い切り(一度しか使えない)者であり能力も残らないためカービィはレース開始時にスッピン状態となっているのだ
この恐ろしい噂を信じるか信じないかは
     あなた次第です


続きを読む

続きを見る(外部サイト)

スマブラ屋さんカテゴリの最新記事